ふるさと納税でおせち料理が間に合う段取りと手続きを解説解説!

ふるさと納税で扱われているおせち料理のお礼品は、年末の駆け込み需要のため人気が殺到しており入手できないケースも多々あります。

確実におせち料理を手に入れるため、早い時期から段取りしておきたいですよね。

ふるさと納税の返礼品でおせち料理を手に入れるために、知っておきたい準備の方法や手続きの流れを解説します。

まずはおせち料理を間に合わせるポイントを詳しく見ていきましょう。

準備できればとても便利!ふるさと納税でおせち料理をゲットするための方法を解説

ふるさと納税でうまくおせち料理の返礼品を賄うには、タイミングや活用すべきページなどについて知っておくと効果的です。

ここではまず、ふるさと納税でおせち料理を賄うためのポイントをご紹介します。

ふるさと納税サービスの特集ページは活用しよう

ふるさと納税で扱われているおせち料理の返礼品は、ふるさと納税を扱っている自治体が多い分、品目も非常に多いです。

このため何の情報もない状態であるにもかかわらず手探りで探そうとすれば、欲しいおせち料理の返礼品をいつまでたっても決められないという状況になるのです。

そこでぜひとも活用すべきなのが、各ふるさと納税サービスで秋になると登場するおせち料理返礼品の特集ページです。

特集ページではおせち料理返礼品に絞っているだけではなく、場合によってはランキング形式になっていることもあります。

このため初めておせち料理のお礼品を選ぶときも頼りになる判断材料です。

申込みのねらい目は10月以降12月初旬まで

ふるさと納税で扱われているおせち料理のお礼品は、毎年10月に入った段階で一斉に取り扱いが始まり、12月下旬まで扱われるのが一般的です。
ただ取り扱いが始まると早い段階で全国から申し込みが殺到します。

このため人気のあるおせち料理返礼品の場合は、12月に入ったとたんにすでに品切れしていることも多いです。
だからこそ実際のねらい目は10月から遅くても12月の初旬までと見ていいです。

前年のレビューを良くチェックする

おせち料理の返礼品は多くの場合、ふるさと納税サービスで扱われています。
申し込み者の中には、ふるさと納税サービスが設置したレビューページに詳しい評価を入力していることも少なくありません。

このため前年におせち料理返礼品を申し込んだ方が残したレビューは、非常に役立ちます。
実際に申し込んで味わった方による生の声が残されているため、特にどの返礼品を申し込もうか悩む方にとって選ぶために役立つ情報です。

いろは
もちろんおせち料理の返礼品は期間限定で扱われることと、年によって内容が変化する場合もあることからレビューは新しく登録されたものほど参考にしやすいです。

冷凍品か冷蔵品かのチェックはきちんとするべし

ふるさと納税で扱われているおせち料理の返礼品は、大きく分けて冷蔵品と冷凍品があります。

実はこの点も申し込む前にきちんとチェックしておくことが大切といえます。

実際に届くのは12月下旬から大晦日にかけての時期ですが、早く届いた場合に冷蔵品か冷凍品の扱いを誤ると、せっかく送ってもらったおせち料理が台無しになって気分の暗いお正月を迎える羽目るかもしれません。

安く取り寄せるなら楽天ふるさと納税やさとふるがおすすめ

一言でおせち料理の返礼品といっても、送ってもらうために必要な寄付金額は1万円単位の場合から数十万円単位の場合まであります。

しかし税金控除が適用される上限額や一度に出せる寄付金額のことも考えると、なるべく安い寄付を引き換えにおせち料理を送ってもらいたい方も多いのではないでしょうか。

もし極力安い寄付金額でおせち料理を送ってもらおうとするのであれば、ふるさと納税サービスの中でも楽天ふるさと納税やさとふる経由で申し込むのがおすすめです。

この2つでは1万円から3万円程度という比較的安めの寄付金額で送ってもらえるお礼品が多い点が特徴に挙げられます。

いろは
特に一人暮らしや夫婦家庭、おせち料理が最低限あればよいという家庭の方に向いていると言えます。

ふるさと納税でおせち料理をお得にゲットするための段取り

せっかくふるさと納税でおせち料理を賄うのであれば、極力損はしたくないですよね。

ここでは損することなくふるさと納税でおせち料理を賄うためにできる段取りをご紹介します。

早めに申し込みするには9月末までにレビューを見ておく

ふるさと納税でおせち料理の返礼品を申し込むには、何よりもスピードが大事です。

というのも人気のあるものは、比較的早い時期に品切れになるという理由があります。

このためなるべく人気のものを早めに確保したいのであれば、遅くとも9月までにはおせち料理返礼品のレビューに目を通しておくようにしましょう。

早いうちに申し込む返礼品の目星をつけておけば、10月に入って受付が始まっても焦ることなく申し込みできます。

遅い時期まで申し込みを受け付けている自治体もチェック

おせち料理の返礼品を扱っている自治体の中には、12月20日前後までなど比較的遅い時期まで申し込みを受け付けているところも多いです。

このため年末調整で年収や税金控除の上限が確定してから申し込みたい方や、なかなかおせち料理の返礼品を決めにくいという方は遅い時期まで申し込みを受け付けている自治体をチェックしてみるのもよいでしょう。

ただし年末ぎりぎりになって動く場合は、めぼしいおせち料理返礼品が品切れになっていることも多いという点を頭に入れておくことが大切です。

冷蔵庫や冷凍庫のスペースはきちんと確保しておくこと

ふるさと納税で扱われているおせち料理返礼品は基本的に大きく、加えてお重になっているため高さもあります。

このため届いた時にきちんと保管できるように、冷蔵庫や冷凍庫のスペースをしっかり確保しておくことが大切です。

特に冷蔵庫に保管する場合は、間違ってもビールやお刺身などでいっぱいにしないように気を付けましょう。

なお高さについてはいくら努力しても難しいということであれば、一段ずつラップを施したうえで保管するとよいです。

おせち料理をふるさと納税でもらう為の手続きの注意点

ふるさと納税でおせち料理のお礼品をもらうには、手続きの流れを知っておくことも欠かせません。

ここでは実際におせち料理のお礼品を取り寄せるための手続きについてご紹介します。

10月になったらふるさと納税サービスや各自治体の特設サイトをチェック

どのふるさと納税サービスや自治体のふるさと納税特設サイトを利用するにしても、おせち料理の10月以降に申し込むことができる期間限定のお礼品です。

このため10月になったらふるさと納税サービスや各自治体の特設サイトをチェックしてほしいものを選んだり決めたりしましょう。

もし可能であれば、事前に特定のお礼品や自治体を決めておいたうえでチェックするとなおスムーズに申し込めます。

基本的には普通の寄付手続きと同じ

10月から12月という期間限定で扱われているおせち料理の返礼品ですが、基本的な申し込みの方法は普通に寄付手続きをする場合と変わりません。

つまりほしい返礼品を選んで、寄付金額と支払方法、送り先などを入力するだけです。

ただし返礼品によっては、支払い方法がクレジットカードのみというように限定されている場合もありますので、支払い手段については事前に注意しておくべきです。

またポイント制が採用されているふるさと納税サービスや自治体ではポイントでおせち料理のお礼品を送ってもらえます。

関連記事

ふるさと納税で扱われているおせち料理のお礼品は、年末の駆け込み需要のため人気が殺到しており入手できないケースも多々あります。 確実におせち料理を手に入れるため、早い時期から段取りしておきたいですよね。 ふるさと納税の返礼品でおせち料理を手に入れるために、知っておきたい準備の方法や手続きの流れを解説し […]

関連記事

ふるさと納税で扱われているおせち料理のお礼品は、年末の駆け込み需要のため人気が殺到しており入手できないケースも多々あります。 確実におせち料理を手に入れるため、早い時期から段取りしておきたいですよね。 ふるさと納税の返礼品でおせち料理を手に入れるために、知っておきたい準備の方法や手続きの流れを解説し […]

ところにより引換券という形で発行

自治体によってはおせち料理の返礼品そのものではなく、最初におせち料理の引換券を発行してもらうやり方がとられているところもあります。

このような場合は、発行してもらった引換券を持参して交換できる店舗に足を運び、おせち料理の実物を持ち帰るという流れです。

引換券と実物のおせち料理を交換するやり方になっている場合、店舗が自宅から近いところにある地域にお住まいであれば品質の面からも安心する事ができます。

逆に遠方に住んでいる場合は、持ち運びに時間や手間がかかるためおすすめできません。

数量限定のため申し込み期限に気を付けること

おせち料理の返礼品を申し込む際に挙げられる注意点として、まず数量限定である点は大きいです。

どの自治体でも期間限定で扱っているため、品質管理のことも考えてあらかじめ数を決めて用意します。このため品切れになった時点で受付を終了するという点は踏まえておきましょう。

同時に自治体の方であらかじめ申し込み期限を設定していることもあります。

場合によっては10月や11月といった比較的早いタイミングで申し込み受付を締め切ることもあるため、申し込み期限についてはチェックするときによく注意して確認しておきましょう。

返礼品をもらえるタイミングに注意

ふるさと納税に参加している自治体の中には、返礼品をもらえるタイミングを1年に1度というように制限しているところもあります。

このためすでに1度でも返礼品を受け取っている場合は、たとえおせち料理の返礼品を申し込んでも受け付けてもらえません。

タイミングが制限されているという理由でもらえないケースを避けるには、自治体にお礼品をもらえるタイミングや回数を確認して間違いが起こらないようにすることが大切です。

せっかくお正月の楽しみにおせち料理をもらいたいのであれば、早いうちに確認しておきましょう。

配送日や時間帯に融通が利かない

ふるさと納税でおせち料理のお礼品を申し込む際に気を付けるべき点として、おせち料理の配送日や時間帯に融通が利かないという点もあります。

つまり事前に自治体の方で配送日や時間帯をしているケースが一般的です。

加えて配送日の変更や時間帯指定にも応じてもらえません。
このためおせち料理が届く日にはずっと家にいなければいけないということもありますので、外出する必要のある用事は配送される日や時間をさけて行うと無難です。

離島への配送ができないケースが多い

ほかにも離島地域への配送ができないケースが多いことも知っておきましょう。

食べ物を扱っており品質維持の問題にかかわってくるためというのが大きな理由に挙げられます。

だからこそ離島地域にお住まいの方は、おせち料理返礼品を申し込む際に配送関係の注意書きをよく読んでおくことが大切です。

また自治体やお礼品によっては、沖縄県地域への配送ができない場合もあります。

関連記事

ふるさと納税で扱われているおせち料理のお礼品は、年末の駆け込み需要のため人気が殺到しており入手できないケースも多々あります。 確実におせち料理を手に入れるため、早い時期から段取りしておきたいですよね。 ふるさと納税の返礼品でおせち料理を手に入れるために、知っておきたい準備の方法や手続きの流れを解説し […]

ふるさと納税でおせち料理を賄う段取りや手続きのまとめ

  • ふるさと納税サービスが用意する特集ページや前年のレビューをチェック
  • 9月末までに遅い時期まで申し込める自治体を調べておく
  • 10月には候補のおせち料理を選んで注文できる状態にしておく
  • 正月に間に合わせるには早めの段取りが大切

手続き自体は期間が決まっている点以外は、普通に寄付する場合と同じであるため安心です。

税金控除できることと楽しくお正月を迎えられることの一石二鳥を実現するうえで、おせち料理のお礼品にまつわる準備や手続きの方法を知っておくに越したことはありません。

事前にしっかりと理解して、おせち料理のお礼品が扱われる時期に備えましょう。

関連記事

ふるさと納税で扱われているおせち料理のお礼品は、年末の駆け込み需要のため人気が殺到しており入手できないケースも多々あります。 確実におせち料理を手に入れるため、早い時期から段取りしておきたいですよね。 ふるさと納税の返礼品でおせち料理を手に入れるために、知っておきたい準備の方法や手続きの流れを解説し […]