楽天市場のふるさと納税はポイントが超貯まる!寄付前に知るべき知識まとめ

楽天市場のふるさと納税はポイントが超貯まります!ただそれには正しい知識を持ってなければ有効活用できません。お得な方法を一緒に見ていきましょう。

普通に利用してもポイントは非常に貯めやすいですが、あまり知識がないと、よりたくさんのポイントを貯める折角のチャンスをふいにしてしまいかねません。
今回は、楽天市場でのふるさと納税で最大限にポイントを貯める方法や、寄付前にぜひとも知っておいた方がお得な知識や注意点をご紹介します。

楽天市場のふるさと納税利用で常時1%分の楽天ポイントが貯まる

楽天ふるさと納税(楽天市場のふるさと納税)はポイントが非常に貯めやすいことで知られています。

というのは、楽天ふるさと納税を利用するには楽天会員に登録してIDを取得することが必要ですが、そのIDと登録したクレジットカードとを紐づけることで楽天ポイントが寄付金額に応じて1%分つく仕組みになっているためです。

言い換えれば、1%のポイントは楽天会員として寄付した場合の特典といって良いでしょう。

なお、寄付金額の1%分というのは100円につき1ポイントという計算です。

例えば、1万円分の寄付を行った場合は、100ポイントの楽天ポイントが加算されます。

さらにお得なことに、クレジットカード払いを選んだ場合、登録したクレジットカードのポイントも貯めることができるため、いわゆるポイントの二重取りが可能です。

例えば、1万円の寄付をライフカード(200円につき1ポイント)を使って行った場合は、先ほどの楽天ポイント100ポイントのほか、ライフカードのポイント50ポイントも付きます。

ちなみに、ライフカードの場合は誕生月にポイント3倍になるという点でもお得です。

確定申告などでの控除金額でよく聞かれる「実質2000円の自己負担」との兼ね合いで、2000円分は対象外になるのではないかと心配をする方もいるでしょう。

しかし、楽天ポイントは自己負担分も含めてポイント付与の対象となるため、心配する必要はありません。

楽天カード払いでポイント7倍可能

楽天ふるさと納税を普通に利用するだけでも自然と寄付金額100円につき1ポイントの楽天ポイントが付与される仕組みであるため、これだけでも十分お得に感じる方も多いでしょう。

しかし、楽天ふるさと納税はうまく使えばさらに多くのポイントを得ることができます。

実は楽天カードで寄付をしたうえで、その他楽天が運営するサービスと掛け合わせると、ポイントが7倍(100円で7%分)になるという仕掛けです。

ここでは、具体的にどのような仕組みとなっているのかを見ていきましょう。

楽天カード払いでいつでもポイント3倍

先ほども見たように、楽天ふるさと納税では普通のクレジットカードで支払うだけで寄付金額の1%分の楽天ポイントに、支払いに使ってクレジットカードのポイントも付与される仕組みです。

しかし、支払いに楽天カードを使った場合は、ポイントが3倍になる特典があります。

ポイントが3倍になるということは、100円につき3ポイントであるため、1万円の寄付であれば300ポイントと非常にお得になります。

もし、楽天ふるさと納税を活用してポイントを多く貯めたいということであれば楽天カード払いが非常におすすめです。

いろは
ちなみに楽天が発行しているカードには、ほかにも楽天プレミアムカードと楽天ゴールドカードもありますが、これらのカードを使って払うとさらにプラス2倍になり、5倍のポイント付与となります。

楽天銀行口座から楽天カード利用分の引き落としで+1倍

もし、楽天カードで楽天ふるさと納税から寄付するということであれば、ついでにカード利用分の引き落とし口座も楽天銀行としておくことがおすすめです。

というのは、楽天カード払いで楽天ふるさと納税を利用し、その金額を楽天銀行の口座から引き落としにするというだけでも、ポイントがプラス1倍になる仕組みがあります。

いろは
このため、楽天カード払いだけで3倍だったのが、楽天銀行を引き落とし口座として指定するだけでより多くのポイント(100円につき4ポイント)が付与されます。

手続きも簡単ですので、ぜひともご活用ください。

楽天市場アプリの利用で+1倍

他のふるさと納税ポータルサイトでもスマホ専用アプリはありますが、楽天市場アプリ経由でふるさと納税を行った場合も、ポイントが+1倍になります。

いろは
ちなみに楽天市場アプリはダウンロードをする際に料金は全くかかりませんので、初期投資ゼロでもらえる楽天ポイントの数を増やすことが可能です。

ここまでの各サービスを全部掛け合わせて利用するだけでも、普通に楽天ふるさと納税を利用する場合の5倍もの楽天ポイントを手にすることができます。

毎月0と5が付く日の利用で+2倍

ここまでは、寄付をする日に関係なく得られるポイントを増やす方法でしたが、実はここまでのサービスをすべて掛け合わせたうえで、毎月0と5のつく日に自治体に寄付をするとさらにポイントがプラス2倍となります。

具体的には毎月5,10,15,20,25,30日の各日に楽天市場アプリで楽天カードを使って寄付することで、通常の7倍ものポイントを得ることができる仕組みです。

いろは
言い換えれば、2月以外のすべての月で5日から6日に1度、7倍のポイントを得ることができるチャンスがやってくることを意味します。

ふるさと納税で楽天ポイントを得るということであれば、これらの日は絶対に逃さないようにしましょう。

お買い物マラソン・楽天スーパーセールでさらにポイントが!

楽天市場では年に何度かお買い物マラソンと楽天スーパーセールという大規模なポイントキャンペーンを実施しているうえ、楽天市場からふるさと納税を行う場合もキャンペーンの対象となります。

  • 楽天スーパーセールは毎年3月、6月、9月、12月の第1週
  • お買い物マラソンはそれ以外の月の第1週に行われる

だいたいこのパターンです。

言い換えれば、両方のキャンペーン合わせて月に1度は必ず行われており、件数に応じてポイントが最大で10倍(10%)分もらえる大チャンスといえます。

だからこそ、お買い物マラソンやスーパーセールでポイントを大きく稼ぎたい場合は、いつ行われるのかをまめにチェックすると良いでしょう。

ふるさと納税についても、寄付した自治体につき1件としてカウントされるため、期間中に多くの自治体に寄付をするほどもらえるポイントの率が上がっていく仕組みといえます。

ただし、スーパーセールやお買い物マラソンでもらえるポイントは最大10店舗(自治体)分、1万ポイント(寄付金額10万円分)までという点に注意が必要です。

加えて、ワンストップ特例制度を活用している方にとっては1年で寄付できる自治体数が5自治体以内と制限があるという点も注意しましょう。もちろん、ご自身の控除上限額を超えた買い物をすると逆に損をするという点も気を付けるべきところです。

楽天イーグルス・ヴィッセル神戸・FCバルセロナ勝利でポイントアップ

楽天グループといえば、いくつかのスポーツチームのオーナーになっていることでも知られています。

プロ野球では東北楽天ゴールデンイーグルス、Jリーグではヴィッセル神戸、海外サッカーであればFC バルセロナです。そして、これらのチームが試合で勝利を収めた場合、ポイントアップします。

ポイントアップの具体的条件

  • 2チームのうち1チームが勝利した場合がポイント2倍
  • 2チームが勝利した場合は3倍
  • すべてのチームが勝利した場合は4倍

そして、ポイントアップの期間はチームが勝利した日の翌日0時から23時59分までの間となっています。

このため、スポーツチームの勝利キャンペーンで多くのポイントを獲得したいということであれば、上記3チームの試合日や試合結果をきちんと把握して最新情報を取り逃がさないようにすることが大切です。

そして、獲得できるポイントは開催日ごとに1000ポイントの上限があるという点と、普通のポイントと性質が異なる期間限定ポイント(詳しくは後述)であること覚えておきましょう。

もちろん、野球とサッカーのシーズン期間中で行われるため、冬場は開催されないという点も重要です。

寄付前に知っておくべき知識や注意点とは?

ここまで楽天ふるさと納税のポイントを多くもらえるサービスやキャンペーンについて見てきましたが、ふるさと納税を通じて楽天ポイントを効率よく稼ぐにはぜひとも知っておいた方が良い知識や注意点もいくつかあります。

キャンペーンのエントリーは忘れずに

最初に知っておくべきこととして、キャンペーンでポイントを多く稼ぐ前にエントリーを忘れずに済ませておくことが挙げられます。

せっかくキャンペーン期間中に多くの自治体に多額の寄付を行っても、事前のエントリーを忘れたらポイントアップの対象とみなされません。

楽天カードでの納税なら3%、その他のカードなら1%!

ちなみに、エントリーを忘れたままキャンペーン期間中にふるさと納税を行った場合は、普通に楽天市場でふるさと納税を行った場合のポイント付与率になります。

つまり、楽天カードの場合であれば3%、それ以外のカードを利用した場合は1%です。

いろは
たしかに稼げないわけではありませんが、せっかくキャンペーン期間を狙って寄付をするということであれば、エントリーのことは忘れないようにしましょう。

実家の家族や友達にも返礼品を送れる

ふるさと納税は寄付をしたお礼として返礼品をもらうことができますが、実はご自身の住んでいる住所以外でも、実家の家族や友達に返礼品を送るようにしてもらうこともできます。

具体的には、ふるさと納税の手続きを行う際に返礼品の送付先を送る相手の住所に変更するというやり方をとることで可能です。

また、自治体によっては「寄付者の住所と同じ場所に配達する」といった文言のところのチェックを外すことが必要なこともあります。

いずれの方法をとっても、返礼品を受け取った後でわざわざご実家などに宅配便で再送するといった手間をかける必要もありません。

人に送る場合には商品到着まで1~2カ月かかる事に注意!

このため、日ごろから親孝行をしたい場合や、友達やお世話になっている方に何か恩返しをしたいという場合にこの方法はおすすめです。

なお、ふるさと納税の返礼品は寄付を行ってから1ヶ月から2ヶ月ほどで発送されるため、例えば家族や友達の誕生日や記念日に合わせて手続きをするということもできます。

また、お中元やお歳暮代わりにこの方法を利用するというやり方も1つの手です。

加えて、楽天ふるさと納税を利用した場合は、寄付を通じて親孝行などができるほか、ご自身も多くのポイントを稼ぐことができるため、まさに多くのメリットがあるといえるでしょう。

楽天IDの住所は住民票通りになっているか

楽天ふるさと納税から寄付を行う場合に必ず確認しておいた方が良い点として、ご自身の楽天IDで登録されている住所が住民票と同じになっているかどうかというものです。

実は楽天IDで登録されている住所が住民票通りになっているのかどうかは、確定申告などで税金の寄付金控除を受けられるかどうかに直接関係してきます。

このため、寄付を行う前に役所に出向き住民票の写しを取るなどしたうえで、楽天IDの住所と住民票の記載とが一致しているかどうかを確認するようにしましょう。

確認し忘れて多額の寄付をして税金の控除を受けられないとあっては、かえって大損になりかねないためです。

ちなみに、ご自身以外の名前で登録した場合でも後から名義変更や取り消しもできませんので注意しましょう。

獲得できる楽天ポイントはほぼ期間限定ポイント

楽天ポイントは1年間の有効期限がある通常ポイント(楽天スーパーポイント)と、有効期限が短めとなっている期間限定ポイントとがあります。
そして、楽天ふるさと納税での寄付を通じて獲得できるのがほとんどの場合で期間限定ポイントです。

楽天の期間限定ポイントは上記のように有効期限が短めに設定されているため、早めに使わないとせっかく稼いだ分が無駄になってしまいます。

このため、有効期限がいつまでであるのかをよく確認したうえで、無駄がないように使うことが大切です。

なお、楽天の期間限定ポイントは通常ポイントと異なり、楽天のサービス内でしか使うことができません。

だからこそ、他社の電子マネーやマイルに交換することはできませんが、ふるさと納税での寄付を行う際に充てることができます。

いろは
特に、クレジットカードの利用額をなるべく抑えたい場合に有効活用すると良いでしょう。

不要ならメルマガのチェックは解除しよう

楽天ふるさと納税を利用して寄付する際に、各種手続きでつい見逃しがちなのが、メルマガ登録の箇所です。

実は、初期設定ですべてのメルマガ7種類にチェックが入っているため、そのまま放置して手続きを進めると、毎日のようにメールボックスに楽天からのメルマガが届くようになります。

いろは
このため、メルマガが毎日のように届くことに抵抗感があるということであれば、メルマガの欄の一番下にある「すべての選択を解除」のところをクリックしてメルマガが配信されない設定にしましょう。

もちろん、特定のメルマガのところだけチェックを外して、その分だけ来ないようにするというやり方もできます。

楽天カードは作っておいて損はない

楽天ふるさと納税では普通のクレジットカードよりも楽天カードを使って寄付する方がポイントは貯まりやすいということはすでに触れました。

実は、楽天カードを作っておくメリットはこれだけにとどまりません。

特に新規で作った場合は、入会キャンペーン特典として2000ポイント、その後の利用で3000ポイントの期間限定ポイントで合計5000ポイントをもらうことができます。

しかも、これらのポイントは使うことができる場所も非常に多くお得です。

加えて、年会費も無料になっているなどメリットがたくさんあります。

いろは
もちろん、他の楽天のサービスとの併用やキャンペーン期間中の利用でふるさと納税の際に多くのポイントを稼ぐことができるため、持っていて損はありません。
楽天カードの詳細はコチラをご覧ください。
↓↓

  楽天カードでは、新規入会&利用で楽天ポイントがもらえる入会キャンペーンを常時開催しています。   もらえるポイントが…

まとめ

今回は、楽天ふるさと納税のポイントについていろいろと見てきました。

まず、楽天ふるさと納税のポイントについてまとめますと以下の通りです。

楽天ふるさと納税でのポイントとは

  • 100円につき1%の楽天ポイントをもらえるうえ、他のクレジットカードのポイントも付与される
  • 楽天カードで寄付すると3倍になるうえ、他の楽天のサービスと併用すると7倍になる
  • 年に何度か行われる楽天スーパーセールやお買い物マラソンのタイミングで最大10倍または1万ポイントまで獲得できる
  • 楽天が所有するスポーツチームが試合に勝った時もポイント付与率が上がる
  • 楽天ふるさと納税の寄付前に知っておくべき点として、エントリーを忘れないことや家族や友達に返礼品を送ることができるといった点がある
  • 楽天カードは入会特典でのポイントや、ポイントアップのチャンスの多さから作っておくと良い

今回見てきたように楽天ふるさと納税では楽天カード払いするだけで、たくさんのポイントを貯めることができます。

さらに、楽天市場のキャンペーンやポイントアップのタイミングでふるさと納税できればもっと貯められますね。

まだふるさと納税してない方は、楽天ふるさと納税でポイント貯めながら節税しちゃいましょう!