Yahoo!ふるさと納税で節税した上にTポイントまで貰う方法

Yahoo!ふるさと納税の場合は他に比べるとTポイントまでもらえるお得な方法です。
今回はYahoo!ふるさと納税を活用して節税とTポイントという一石二鳥を実現する賢い方法を見ていきましょう。

あなたの税金もお得に!Yahoo!ふるさと納税で節税する方法とは?

最近、テレビや新聞、ネットニュースなどでもよく耳にするようになったふるさと納税ですが、実は私たちのお金の面でも節税に大きな効果があるということはご存知でしょうか?
ここでは、ふるさと納税の制度やメリット、手続きや節税の仕組みを説明したうえで、Yahoo!ふるさと納税で節税する方法について見ていきます。

基本的なやり方はYahoo!ふるさと納税において寄付先の自治体を選んで寄付するというやり方です。

このため、必要情報や支払いに使うクレジットカードなどの登録をしたうえで手続きをするという点では同じです。

手続きが終わると、寄付した自治体から領収書が送られてきますので、それをきちんと保管して確定申告の際に添付して税務署に提出すれば控除を受けられます。

なお、領収書が届くまでには時間がかかりますので、後述するように手続きが終わったときに出てくる完了画面をブックマーク登録などできちんと保存しておきましょう。

節税経由で買い物もお得に!Yahoo! ふるさと納税でTポイントがもらえる!

Tポイントは全国の主要なお店で使う事が出来ます。Tポイントカードを持っていない人は居ないんじゃないかと言うくらいメジャーなポイントプログラムです。

Yahoo! ふるさと納税でTポイントが貯まる仕組みとは?

それでは、Yahoo!ふるさと納税で寄付をすることでどのようにTポイントが貯まるのでしょうか?

まず、Yahoo!ふるさと納税でTポイントを手に入れるには、Yahoo!JAPANのIDを持つ必要があります。言い換えれば、Yahoo!ふるさと納税での節税にポイント獲得というメリットの二重取りをするには、最初にYahoo!JAPANのIDが欠かせないといって良いでしょう。

次にTポイントをもらうには、Yahoo!JAPANカードも必要です。

実はYahoo!ふるさと納税で使うことのできるクレジットカードの中で唯一Tポイントを貯めることができるカードといえます。

なお、ポイント付与率が1%であるため、100円当たりで1ポイントもらうことが可能です。

必見!Tポイントがよりお得に貯まる納税の裏技とは?

実はTポイントをよりお得に貯めることのできる裏技があります。それが、新規でYahoo!JAPANカードを作るやり方で、最大で1万ポイントもの期間固定ポイントを手に入れることも可能です。

具体的には、入会時で4000ポイント、その後1回の利用ごとに2000ポイント(最大3回までで6000ポイント)入手することができます。

言い換えればYahoo!ふるさと納税で利用するたび(3回まで)に、2000ポイントずつ追加でポイントをもらえる仕組みです。

Yahoo!JAPANカードを新規で作った方や、作ったもののまだ利用していないという方には非常におすすめの方法といえるでしょう。

入会キャンペーンの最新情報、カード詳細はこちらの記事をご覧ください。

なんと驚き!Tポイントでも納税OK⁉

さらにYahoo!ふるさと納税ではTポイントを利用して納税することもできます。

具体的には寄付金額を選ぶ際に利用するポイント数を選んで、一部または全額を寄付金額に充てることができるというやり方です。

なお、一部利用の場合は残りをクレジットカードの利用額で充てることになりますが、翌月以降の支払金額を減らすことにもつながるためおすすめの方法といえます。

いろは
さらに、Yahoo!JAPANのIDを持っている場合は、毎月500ポイントの期間固定ポイントがもらえるため、こちらをふるさと納税に充てるというのもおすすめの方法です。

試してみよう!Yahoo! ふるさと納税の使い方

ここまでYahoo!ふるさと納税をお得に使う方法を見てきましたが、実際にYahoo!ふるさと納税での手続きの方法がよくわからないという方も多いでしょう。

ここでは流れに沿ってYahoo!ふるさと納税での手続きの方法を見ていきましょう。なお、Yahoo!ふるさと納税は、Yahoo!公金支払いの中にページがあります。

まずは納税したい自治体を選ぼう

まず、納税先の自治体を選びます。ご自分がぜひ応援したいという自治体やぜひ手に入れたい特産品を基準に選ぶと良いでしょう。

なお、実際に選ぶ際には、最初に自治体を選び、その後自治体により「ふるさとチョイス」に移行したうえで特産品をクリックして選ぶことになります。

入力フォームに必要事項を

次に入力フォームに必要な情報を入力します。具体的には、申込者の個人情報(名前や住所、連絡先)、支払い方法、お礼品の届け先住所を書き込みましょう。

なお、住所については現在住民票が置いてある地域のものを入力するという点に注意します。

支払いの手続きを

さらに、支払い方法ではクレジットカードのほか、TポイントやApple Payなども利用できます。もし、Tポイントを支払いに利用する場合は、支払いに充てるポイント数をきちんと入力しましょう。

すべて入力し終わったら、内容を確認したうえで決済ボタンをクリックします。

実は超大事!終わったら手続き完了画面を印刷!

さて、決済ボタンをクリックし終わると手続き完了画面が出てきますが、実はこの画面を保存したり印刷したりしておくことは非常に大切です。

というのは、確定申告で控除として使うことのできる自治体発行の領収書(寄付受付証明書)は手元に届くまでに時間がかかるためです。

このため、領収書が届くまでの間に何かトラブルがあった場合に備えて、手続き完了画面はきちんと取っておくと良いでしょう。

できれば、印刷したものを保管しておく方がベターです。

ここは気を付けよう!Yahoo!ふるさと納税の注意点

節税するだけでなく、Tポイントの獲得までできるYahoo!ふるさと納税ですが、使う際には気を付けるべき注意点がいくつかあります。

ここでは、特に確定申告での節税とTポイントに関係する内容を主にYahoo!ふるさと納税を使う際の注意点を解説していきましょう。

Tポイント狙いならクレカが使える自治体を

最初に挙げられる注意点として、全国のすべての自治体がふるさと納税でクレジットカードに対応しているわけではない、という点です。つまり、クレジットカードを寄付に使えない場合は、節税はできてもTポイントをもらうことはできないといえます。

このため、寄付しようとしている自治体が導入している支払い方法を事前によくチェックしたうえで、Yahoo!JAPANカードを使って寄付することが、節税とTポイントの両方で得するために不可欠です。

支払う時期、年末は特にご用心

次に注意すべき点が寄付を行う時期です。皆さんもご存知のように、確定申告では前の年の1月1日から12月31日の所得や控除をもとに税金を決めます。

そして、自治体側で発行される証明書が年内の日付になっていない場合は、次の1年を対象とした確定申告で控除申告するものになることがあるという点が特に注意すべき点です。手続きの進捗状況によっては12月31日に間に合わない場合もあります。

このため、節税狙いで年末にふるさと納税を行う場合は、ぎりぎりに手続きをするのではなくなるべく時間に余裕を持って行いましょう。

事前にご確認を、収入により限度額が

ふるさと納税で寄付したお金は確定申告の際に控除の対象となりますが、実はここでも気を付けるべき点があります。それは控除額にも上限が存在するという点です。この上限については、寄付をする人物の家族構成や年収によって決まってきます。

年収や扶養家族が多いほど控除上限額は高めとなりますが、上限があることに変わりはないため事前にシミュレーションして、その範囲内で寄付をすることが大切です。

もちろん、上限額以上を超えた分は自己負担となり、その分だけ損をする羽目になります。

Yahoo!ふるさと納税でも控除額シミュレーションのページはありますので、寄付する前にきちんとシミュレーションをしておきましょう。

今日からあなたもYahoo!ふるさと納税で賢いマネーライフを!

Yahoo!ふるさと納税を使ってTポイントを得るまでのまとめ

  • Yahoo!ふるさと納税でTポイントを得るにはYahoo!IDとYahoo!JAPANカードが必要
  • Yahoo!JAPANカードを新規で作れば更にポイントが増加
  • 逆にTポイントを使って納税の決済をする事ができる

今回はYahoo!ふるさと納税を使って節税とTポイントをもらうことの両方を実現させるお得な方法について見てきました。

基本的にはYahoo!ふるさと納税から好きな自治体に寄付することで、確定申告の際に2000円を差し引いた残りの寄付金額を控除として申請できます。

そして、ポイントを手に入れるにはYahoo!JAPANのIDとYahoo!JAPANカードを持っていることが大切です。100円につき1ポイントもらえるのでポイントを大幅に貯めることができるうえ、新規会員の場合は入会特典も利用できます。

加えて、ポイントを寄付の際にも使うことができるという点も非常にお得です。

ただ、手続きが終わった際に発行画面をきちんと保存・印刷しておくことや寄付の時期に注意すること、控除額に上限があることなどいろいろと注意点があるので、あらかじめしっかりと理解しておきましょう。

とはいえ、Yahoo!ふるさと納税を通じて節税とポイント獲得の両方を実現できるということは、先々のことを考えると税金の負担が減るというだけでなく、日々の生活の中での費用負担を減らすことにつなげることもできます。

そのうえ、ふるさと納税を通じて特産品をもらえたり、地元に貢献出来たりと、ご自身の望みをかなえるうえでも非常にお得です。

Yahoo! ふるさと納税をお得に活用する方法を知っているだけでも、非常に賢いマネーライフを楽しく送ることにつながります。ぜひとも、Yahoo!ふるさと納税をうまく活用してみましょう。